シミ取りに電気メス。それって大丈夫?

シミ

シミ取りをするために、皮膚科や美容整形などで、電気メスで焼いてもらうという方法があります。


シミで本当に困っている人たちには、有効な手段の一つだと思います。


一言でシミといっても、種類はいくつかあります。

肝斑、そばかす、老人性色素斑があり、それぞれに対応方法が異なります。


レーザーとはまた違ったもので、液体窒素を使った電気メスというものもあります。

詳しくはこちらのサイトが参考になります。

https://www.oki-hifuka.jp/original19.html

はっきりしたシミ、盛り上がった茶色いシミなどには特に有効だとされています。

シミ取り電気メスのメリットは?

電気メスでシミを取るメリットは、確実性が高い、ということです。

目立っていたシミがゼロになるわけではないのですが、目立たなくなったり、目立ちにくくなったりします。


女性の場合はメイクで隠せるレベルの薄さまでになることです。

デメリット

電気メスでのシミ取りをする場合の出目エリットは何でしょう?

体質によっては、傷跡が残ってしまう場合もあります。
また、クリニックによっては、若い年代では受け付けてもらえない場合も。

・費用面でそれなりに掛かります。

・跡が残る可能性もあります。

保険適用になるの?

生活にししょうがない限りは、保険適用にはなりにくいとされています。

ほくろも同様なのですが、悪性の場合は、保険適用となる場合もあるみたいです。

皮膚科、形成外科、美容整形などで施術してもらえると思います。

シミ取りで注目している美容液

トラネキサム酸が含まれていることから、シミにも期待ができます。

タイトルとURLをコピーしました