ビタミンC誘導体ってべたつく?

スキンケア

今、注目を浴びているビタミンC誘導体なのですが、ベタついてしまう、という口コミもありました。

いくらお肌によい、といってもベタついてしまうのはちょっと嫌だなって思いました。


しかし、本当にビタミンC誘導体はベタつくものなのでしょうか?

反対に、ベタつかないビタミンC誘導体ってあるのでしょうか?

C10 浸透型ビタミンC誘導体10%ローション

こちらの商品のレビューを見てみると、悪い評価の中では、ベタベタする、という表記がありました。


やはり基本的にはベタつくみたいですね。
でも総合的な評価は高かったです。

たまに在庫切れになるみたいですので、使ってみたい場合は、マメにチェックされるとよいと思います。

アマゾンや楽天ではレビューをみることができます。

by カエレバ

ベタつきをなくすためにすること


そもそもなぜベタつくのか、というと、単純にお肌に浸透していない、もしくは浸透しずらいということが理由とされています。


このへんは、人にもよるので、一概には言えないのですが、主にそれが原因と考えられます。


では、どうすればベタつかずにお気に入りの化粧水や、美容液を使用することができるのかといいいますと、単純に、お肌を浸透しやすい状態にするということがポイントとなってきます。


せっかくのビタミンCが浸透してくれなければ、全く意味をなさないことになります。


では、浸透しやすい状態というのはどういった状態なのでしょうか。


これは、表現はちょっと違うかもしれませんが、お肌が火照っているときが浸透しやすい状態とされています。


それはどんな時になるのかといいますと、オフロに入っているときです。


オフロに入っていい感じに温まってきた状態のお肌のことをいいます。


こういったときにビタミンC誘導体を使うと、より浸透しやすくなる、といえます。


反対に、ガチガチに寒い時、肌がこわばっているときは浸透しにくい状態といえます。


そもそもビタミンC誘導体自体が浸透しやすい状態とも言えるので、とりあえずベタつく、という状態にはなりにくいものだと思っています。

ベタつかないビタミンC誘導体を使った美容液

浸透しやすいビタミンC誘導体を使った美容液というのも最近出てきています。

お肌が火照っている状態でなくても浸透しやすくなっているものです。


こういったスキンケアアイテムをじっくりと使うというのも一つかと思います。

ベタつかない、というのは、美容液にとっては、大きなメリットになります。

ベタつくのはどんな季節でも嫌なのですが、特に梅雨や夏にベタついてしまうのは厳しいものがありますね。

タイトルとURLをコピーしました